人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

2009年05月12日

小学生が不登校になったら

小学生での不登校には、
小学生の不登校はこうしてなおす」や
母さん、ぼく学校へ行けたよ!」などの本を読んでみるといいかもしれません。

小学生の不登校はこうしてなおす [本]

母さん、ぼく学校へ行けたよ! 小学生編 [本]

カウンセラーや相談員に曖昧なことをいわれて、子供の不登校にどう対処していいかわからなかった人には、とても参考になると思います。

不登校を克服した母の会」というホームページも、勉強になるでしょう。


小学生での不登校の原因は、親の育て方にある場合がほとんどと言われています。
まずは、子供の話を聞き、自分の子育てを振り返ってみてください。

子供に命令ばかりしたり、口うるさく注意していると、自立できなくなります。
子育ての仕方を変えると、子供の性格も変わるのです。
小学生の不登校は、親が子育てを学び直すところから始めてみましょう。
不登校だからといって、子供を叱りすぎてもいけませんが、甘やかしてもいけません。

不登校の子供の部屋は乱雑になりがちですし、生活も不規則になり、昼夜逆転してしまう子供が多いのです。

私の娘もそうでしたが、不登校時代は朝起こしてもなかなか起きませんでした。
学校に行きたくないから起きない ⇒ 次第に生活が不規則になる

こうした悪循環は避けるべきです。
そうなってしまうと、不登校の克服はますます難しくなります。
学校に行かせることよりも、生活を不規則にさせないことを優先すべきでしょう。

小学生の不登校には、いろんなアドバイスがあります。
しばらく休ませて充電させる、そんなアドバイスもよく聞きますが、子供にとって一番いいのは、学校に戻ることです。

もちろん、不登校になった原因によっては、元の学校に戻ることがベストではないこともあるかもしれません。
どちらにしても、不登校の期間が長ければ長いほど、周囲のサポートがなければ社会生活に戻れなくなります。

登校の無理強いはよくないですが、小学生での不登校は、一日でも早い解決を目指した方がいいでしょう。

posted by 悩める父親 at 23:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。